色が示す意味|特徴から持って生まれた目的に気付く!光の仕事人ライトワーカー|Spiritual Message

オーラを見る方法で誰でも見ることができる!色の意味と特徴

運がいい人が持っているオーラの色ベスト5

no.1

赤のオーラ

赤のオーラは豊かさの象徴とされています。具体的には金銭的に恵まれたり、生命力が強く病気になりにくいといった特徴があります。バイタリティー溢れる人に多い色で自分で人生を切り開いていく強さを持ち合わせた色と言えるでしょう。

no.2

金のオーラ

金のオーラは持っている人が非常に少ない種類です。金色のイメージの通り強い光を持っている、つまりカリスマ性を表す色です。人々を惹きつける能力に長けている人がこのオーラの持ち主で、事業で大成功を収め財を築いている人はこのタイプが多くなっています。

no.3

オレンジのオーラ

オレンジのオーラは溌剌さや明るさを強く表しています。楽しみや喜びのオーラで仕事、恋愛などさまざまな局面で楽しいことが起こりやすく、ワクワクするような感情を常に持つことができるオーラです。このオーラの持ち主は楽観主義者で何事も前向きに取り組む傾向にあります。

no.4

黄色のオーラ

黄色のオーラは自分と関わる人々を明るくする力を持っています。明るい性格の人がまとっている色ですが、明るさだけでなく知性も持ち合わせた色なので周りも自分自身の人生も好調に運ぶことが多くなります。また仕事が順調な人に出やすい色とも言われています。

no.5

スカイブルーのオーラ

スカイブルーのオーラは癒しのオーラと言われています。人を癒すことに長けた人が持っているオーラの色であり、ネガティブな感情やストレスなども洗い流してくれます。プラスの感情を支えてくれ、開放感のある穏やかな生活を送れる色でもあります。

色が示す意味

スピリチュアル

オーラとは?

オーラとは生体がまとっている霊的なエネルギーのことです。人の場合はそのオーラによって独特な雰囲気や威圧感を発することがあります。そのため風格のある人や存在感がある人のことを「オーラがある」と表現することが多くなっているのです。オーラにはそれぞれ色があるとされており、その色はその生体が元々持っている性質によって決まります。また一人の人間が持っているオーラの色は1色だけとは限らず、何層かに分かれいくつかの色を持っています。一層目のオーラが最も強い力を持つとされ、その人の性格に強く影響を及ぼしています。それ以外の層の色は一層目のオーラとは異なり必ずしもその人の性質に現れるわけではありません。また生活環境などによって一層目以外のオーラの色は変化することがあります。

自分でオーラを見る方法があった!

生まれつきオーラが見える人は限られています。しかし特別な能力がなくてもオーラを見る方法はあります。トレーニング次第でオーラは見えるようになるのです。まずは環境を整えましょう。夜に部屋の電気を消して暗くしてください。リラックスし集中することが必要とされますので自分の好きなアロマなどを使用し心を落ち着かせましょう。準備ができたら無地の壁に両手の手のひらを当てましょう。その手をぼんやりと見てください。ポイントはぼんやりと見ることです。凝視してはいけません。壁と手の境目がぼやけていくようなイメージで眺めましょう。続けていると手の表面に霧のようなものが見えてくるはずです。それがオーラです。見えないという方もこのトレーニングを続けていれば次第に見えるようになっていきます。

負のオーラから自分を守ろう

オーラはある程度伝染するものです。つまり負のオーラを持った人といると自分にも影響が及ぶのでなるべくそういった人には近づかないことが大切です。負のオーラを持った人には特徴があります。負のオーラをまとうと基本的にはネガティブな感情に支配されます。僻みっぽい人やマイナス思考の人は負のオーラを持っている可能性が高いので避けるようにしましょう。仕事などの関係でどうしてもそういった人と関わらなければならないという場合には自分の持っているプラスのオーラを強めることに力を注ぐようにします。具体的な方法としては前向きに物事を捉えることです。失敗などをしても過度に落ち込まずそこから得られる教訓は何か考えるようにしましょう。また自分が楽しいと思えることを行なって明るい気持ちを保つことも大切です。プラスのオーラを強めるにはプラスの感情が必要不可欠なのです。

広告募集中